コスト削減豆知識(コラム)

リサイクルトナーとは?使用する際の注意点

パソコンからのプリントアウトはもちろん、コピーやFAXも含め、会社におけるレーザープリンターの使用頻度は非常に高いのが実情でしょう。 だからでしょうか、プリンターに関わるコストを少しでも削減するために「リサイクルトナー」といわれるものを使用する会社も多いようです。 リサイクルトナーとは?という方も多いかもしれませんので、使用する際の注意点も含めてリサイクルトナーについてご紹介したいと思います。

リサイクルトナーのメリットとデメリット

リサイクルトナーとは、使用済で回収されたトナーカートリッジに新しいトナー(粉)を詰めて販売されているものです。 よって純正トナーと呼ばれるものより安い価格で提供されています。 しかしながら、純正トナーに比べて品質が落ちたり、不良品である確率が高かったりする場合があります。 また、トナー漏れが発生したり、プリンター本体との相性が悪かったりするケースもあるので、そうなるとプリンター本体の故障リスクも高くなります。 このようなリスクが発生しやすいリサイクルトナーを「安さを売り」にして販売する業者もいるので、購入する際には注意が必要です。

リサイクルトナーを購入する際の注意点

リサイクルトナーによるリスクを少しでも回避するためには、いくつかのポイントがあります。 1つはリサイクルトナーが作られた工場を選ぶことです。 リサイクルトナーにもほかの製品同様に品質管理基準があるので、その基準をクリアした工場で作られたリサイクルトナーを購入した方が良いでしょう。 品質管理基準には「STMC」「E&Q」「ISO9001」「ISO14001」があります。 その工場が日本国内か国外でもあるかも確認して、国内の工場のものを選ぶ方がベターです。 2つめは購入するショップの保証内容やサポート体制が万全であることです。 リサイクルトナー本体の不良や印刷トラブルに対する交換は無期限で保証することは当たり前で、返金保証やプリンター本体に損害を与えた場合の修理代金の保証があるショップを選ぶことがとても大切です。 同時に不具合が発生した際には迅速な対応と対処をする万全のサポート体制があるかどうかも重要なポイントと言えるでしょう。

リサイクルトナー以外でコストを削減する方法とは

「リサイクルトナーのリスクも怖いし、最適なショップを選ぶのも面倒だし選べるかどうかも不安、でもコスト削減もしなければならない」そうお悩みの方もきっと多いでしょう。 そこでトナーの購入費用で削減する以外に、プリンターのランニングコストを抑える方法をご紹介します。 それは「TonerSaver(トナーセーバー)」というトナー節約のソフトウェアを使う方法です。

TonerSaverに関する詳細はこちらをご確認ください。

「TonerSaver」は印刷指示後に表示される専用のスライドバーで削減率だけを設定するだけ、これまでの通りの印刷手順でトナー使用量を最大で75%削減をすることが可能です。 プレゼン用(お客様提出)資料は25%削減で、社内資料は50%削減で、何度も何度も同じところを確認するだけの文字校正などは75%削減でと「TonerSaver」を使って最適化することで無駄なトナーを使わずにコスト削減を実現できます。

実際にこの方法を導入して、年間に大手銀行A社(従業員約1万人)は約2,500万円、製造業C社(従業員約1,500人)は約600万円のコスト削減を実現しています。 リサイクルトナーを使用する場合は、価格の魅力だけに跳び付くととても危険です。 発生するリスクを理解し、購入する際には十分に注意を払って使用しなければなりません。 一方で「TonerSaver」を使用すれば、安心できる純正トナーを使用しながらコスト削減をすることが可能です。 どうしてもコスト削減をしなければならない場合には「TonerSaver」と「純正トナー」の組合せも、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


レーザープリンター(カラー)をお探しなら

レーザープリンター(モノクロ)をお探しなら

インクジェットプリンター(カラー)をお探しなら

インクジェットプリンター(モノクロ)をお探しなら

トナーをお探しなら

インクをお探しなら